2016/09/30 11:49:30 |
ローンと言っても様々なものがありますが、支払いができなくなってしまった場合には早めの正しい対処を行う必要があります。払えないからとそのままにしているのが一番よくないケースで、放置をしていると財産の差し押さえなどに発展することすらもあります。大きな金額のローンとなればなるほどにそういった危険性は高くなり、少額のキャッシングローンであっても利用状況などによっては給与の差し押さえなどになる場合もあります。その際にはいきなり差し押さえになるのではなく、督促状や訴状が届くために受け取った時点で正しく対処をしておけば問題ありません。ただ、督促状や訴状を受け取るような状況は、自分ひとりではどうにもならないこ...
2016/09/30 11:49:30 |
借金返済ができなくなると自己破産といったイメージがありますが、何も自己破産に限らず他の方法でも借金の整理が可能です。代表的なのが任意整理で、債権者との任意の交渉による借金の減額を行う手続きとなります。裁判所を使うわけではないので任意整理の手続き自体には法的な拘束力は無く、あくまで債権者が応じてくれれば任意整理による借金整理となります。つまり、交渉の進め方によって債権者が応じてくれないと任意整理は成立せず、今まで通りの支払いをしなければならなくなります。支払えないから任意整理による借金整理を行うにも関わらず、債権者が応じてくれないとなると借金の返済ができなくなります。できないからと放置をしている...
2016/09/30 11:49:30 |
借金の返済ができなくなった際に利用をする場合がある債務整理は、どのタイミングで適用の判断をするかが難しいです。まだ順調に支払えているのであれば無理に債務整理を行う必要は無く、支払いが自分自身で行えるなら債務整理は用いるべきではありません。ただ、今のところは返済ができているとしても、今後に継続ができるかは怪しい場合もあります。そういったときには今のままで支払っていくべきか、それとも債務整理によって借金の返済を見直すかを弁護士に相談をして決めると安心です。今現在で既に支払いができていないのであれば債務整理をすべきで、何も債務整理は支払いができなくなってからでは行えないものではありません。返済ができ...
2016/09/30 11:49:30 |
借りるときは簡単なものですが、いざ返済となると違法な金利によってとても払えなくなるのが闇金融です。闇金融が認めさえすれば誰でも借りられるので利用をしてしまう方も今でもいますが、本来であれば絶対に利用をすべきではありません。正規の金融会社の場合には支払いができなくなっても本人以外に取り立てることはなく、連帯保証人にでもなっていなければ第三者に対する何らかの行動を起こされることはありません。しかし、違法な貸し付けを行っている闇金融はお構いなしなので、家族でも会社でも近所の方々でも、貸したお金が返されなければ誰でもいいので取り立てや嫌がらせを繰り返してきます。こうなると闇金融の被害もどんどんと拡大し...
2016/09/30 11:49:30 |
交通事故に巻き込まれてしまって怪我を負った場合には、自分で相手との示談を進めるのではなく、弁護士に相談をしてどのようにすべきかを聞いた方が良いです。事故後の示談を保険会社と行う場合には被害者側は不利な条件で示談の成立を迫られる可能性があり、思ったような条件での示談とはなりにくいです。保険会社がお金を払いたがらないためで、過去の事例を持ち出しても保険会社に有利になるものだけあり、被害者側に支払う慰謝料などを少なくしようとしてきます。これに対抗をするためには同じように過去の事例から被害者側が不利にならない状況を見つけ出し、正しく示談を進める必要があります。もちろんその際には過失の割合もしっかりと算...