事故に巻き込まれたときは自分で解決せずにまずは相談

交通事故に巻き込まれてしまって怪我を負った場合には、自分で相手との示談を進めるのではなく、弁護士に相談をしてどのようにすべきかを聞いた方が良いです。事故後の示談を保険会社と行う場合には被害者側は不利な条件で示談の成立を迫られる可能性があり、思ったような条件での示談とはなりにくいです。

 

保険会社がお金を払いたがらないためで、過去の事例を持ち出しても保険会社に有利になるものだけあり、被害者側に支払う慰謝料などを少なくしようとしてきます。

 

これに対抗をするためには同じように過去の事例から被害者側が不利にならない状況を見つけ出し、正しく示談を進める必要があります。もちろんその際には過失の割合もしっかりと算出しなければならないため、どうしても専門的な知識が必要となります。

 

多くは素人である交通事故の被害者が過去の事例や専門的な知識から示談を保険会社と対等に進めるのは難しく、主に慰謝料の金額で損をするケースが少なくありません。また、保険会社によっては示談の成立が長引くと怪我の治療費の支払いを打ち切るようなところもあるので、示談の進め方によっては損をするどころか金銭面での負担も強いられてしまいます。

 

交通事故に巻き込まれてしまったにも関わらず金銭面でも負担となるのは避けるべきなので、交通事故の被害に遭ったら弁護士の相談をし、可能であれば解決のための依頼も行っておくべきです。最近では相談は無料の弁護士事務所も増えてきているので、交通事故が多い地域では愛知県の交通事故相談にもあるように、まずは事故の状況から話を聞くようにしてください。